在宅副業の注意点


自宅に居ながら空いた時間に手軽に仕事をしたいと考える人も多いと思います。
そこで在宅副業として、仕事探しを始める際の注意点をお伝えしたいと思います。

アルバイトの中でも在宅副業は全く異なる働き方と言えるでしょう。

在宅副業は、自宅に居ながら好きな時間に仕事ができると言った点が魅力です。

しかしその魅力とは別に、在宅ワークでは勤務先に出かけてアルバイトとして働く場合と比べると様々な違いがあります。


1.給料と時間の関係


多くの在宅ワークの場合、「いつまでにこの仕事を終わらせる事」と言うような期限が決められた仕事になっています。

つまり、期限までに仕事を終わらせないと給料がもらえないと言う事になります。

普通のアルバイトの場合、時間給として、1時間、時給○○○円と言うように、その時間働けば給料がもらえると言う事とは大きな違いです。

在宅ワークでは、自分で時間を管理していかなければなりません。


2.給料をもらうだけではありません


在宅アルバイトは、自宅で仕事をすることになりますから、どのような仕事内容にしても部屋で仕事をします。
そうなると、光熱費は働く人が負担することになります。
細かい事を言ってしまうと、文房具類、配送代も負担することだってあります。

特にパソコンを使った在宅アルバイトでは、パソコンの性能、インターネットの接続環境、必要なソフトウェア(ウィルスソフト等)も会社が指定した内容を準備しておかなければなりません。
つまり働く人が負担しなければならないことがあります。

在宅アルバイトでは、給料があるだけでなく本人負担しなければならない部分もあります。


3.働き方の違い


アルバイトと言うと会社に雇われて働くことになる為、会社の指示に従って仕事をすることになる訳です。
これを雇用契約と言います。

雇用契約とは別に会社からの依頼で仕事をすることを請負契約と言います。

請負契約では、仕事に関して会社から詳しい指示は受けません。
ただ「○○まで、○○の仕事をしてください」と依頼がある訳です。

請負契約では、雇用保険などの社会保険には加入できません。
仕事中にケガをしても労災を請求することはできません。


先程の@、Aのような事が発生するのは、主に請負契約の場合に発生すると考えられています。

しかし在宅副業と言うのは、この雇用契約と請負契約のどちらの場合も指している状況があります。

1つの会社の在宅アルバイトでは、雇用契約として、別の会社の在宅ワークでは、請負契約として働くことになるかもしれません。

本来アルバイトと言うと雇用契約をすることを言いますから、請負契約の場合は、在宅ワークと言った表現をした求人情報を掲載している会社もあります。


以上のように、在宅アルバイトの仕事探しでは、実際にどのように仕事をすることになるのか?と言う点を1つ1つの求人情報についてしっかり理解した上で応募を決定することが大切です。


ご存知の方もいるかもしれませんが、在宅副業は悪徳商法の1つと言われています。
これは、Aの内容から在宅副業として働く人には、事前に高額のソフトウェアを購入させ、そして仕事はほとんどないと言ったパターンです。

こう言った面からも在宅副業の仕事探しでは、求人募集内容を正確に理解することが必要です。
不明点は問い合わせるのも良いですが、悪徳業者の危険性も高いので求人情報を掲載しているサイトや情報誌などに問い合わせる方が良いかもしれません。


ただ、在宅ワークの全てが悪徳業者と言うことではありません。
現在ではパソコン環境が進歩してきている為、さらに在宅ワークの求人募集は増えつつあると言えます。

多くのアルバイトサイトでは、検索項目で『在宅』を用意しているサイトや、検索窓を使って『在宅』と入力すると関連する求人情報を検索する事ができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。